民児協 活動検索

清瀬市民児協

活動フォトはこちら

活動内容

活動内容の詳細は矢印をクリック!

01 高齢者実態調査

  • 調査・訪問
  • 高齢者

実施主体

民児協

日時(頻度)

例年6月~9月

対象

75歳以上高齢者

場所

担当地域

活動内容

清瀬市提供の高齢者名簿により、75歳以上のひとり暮らしもしくは高齢者のみの世帯を訪問し、訪問グッズを配布し世帯の様子や健康状態などを把握しています。

02 普及・啓発活動

  • 普及・啓発
  • 住民

実施主体

民児協

日時(頻度)

年1回(10月)

対象

住民

場所

市民まつり

活動内容

清瀬市の市民まつりにブースを出しアンケートやクイズを行い、普及・啓発活動を行います。また例年ミンジ―の着ぐるみの貸し出しを受け、子どもたちや子どもの親にも民生児童委員の存在をアピールしています。

03 駅頭啓発活動

  • 普及・啓発
  • 住民

実施主体

民児協

日時(頻度)

年1回(5月12日前後)

対象

住民

場所

清瀬駅周辺

活動内容

委員全員が参加し、駅頭でオリジナルポケットティッシュと広報紙を配布します。委員が直接呼び掛けることで、普段民生児童委員を知ることの少ない市民に、委員の活動を周知しています。

04 学校訪問

  • 情報交換
  • 子ども(子育て)

実施主体

日時(頻度)

年1回

対象

市内小中学生

場所

市内小中学校

活動内容

主任児童委員が中心となって、地区担当委員とともに市内小中学校を訪問しています。学校からは児童・生徒の学校での様子を聞き、委員からは地域の心配ごとや危険な場所等の情報提供をすることで、連携を図っています。

05 日帰り研修

  • 研修
  • 民生児童委員

実施主体

民児協

日時(頻度)

年1回

対象

民生児童委員

場所

東京多摩学園他

活動内容

民生児童委員活動の視野を広げるため、年に1度、東京多摩学園、萩山実務学校などを訪問し、施設内を見学し話を聞いています。

06 広報紙の作成

  • 普及・啓発
  • 住民

実施主体

広報紙編集委員会

日時(頻度)

3年に1度

対象

全戸または高齢世帯

場所

市内

活動内容

市民に向け、民生児童委員(主任児童委員含む)の活動を普及・啓発するための清瀬市民生児童委員協議会の広報紙を作成します。

07 防災についての研修

  • 研修
  • 民生児童委員

実施主体

災害時支援委員会

日時(頻度)

3年に1度

対象

民生児童委員

場所

各地域センター

活動内容

東京都より配られた「東京防災」をもとに清瀬消防署より講師を招き、応急救護、初期消火、通報連絡の体験実習を行い、詳しい防災の知識を学ぶための研修を開催しています。

08 敬老大会

  • 地域交流
  • 高齢者

実施主体

日時(頻度)

年1回

対象

高齢者

場所

各地域センター

活動内容

市内数か所で開催される、市主催の敬老大会に、その担当地域の委員が参加して、高齢者に対して委員の紹介を行っています。

09 敬老祝い金配布

  • 調査・訪問
  • 高齢者

実施主体

日時(頻度)

年1回

対象

市内の88歳、99歳、101歳以上

場所

市内

活動内容

市からの依頼で、その担当地域の委員が対象の高齢者宅を訪問し、敬老祝い金を配布しています。

10 会則検討委員会

  • 民児協運営
  • 民生児童委員

実施主体

民児協

日時(頻度)

月1回

対象

民生児童委員

場所

市内

活動内容

清瀬市民生児童委員協議会の会則について、現在の協議会運営の実情に即したものとするため、委員会で見直しを協議しています。

自治体の特長

人口 74598 人
世帯 35701 世帯
高齢化率 28%
児童率 15.9%
被保護率 29.1‰

(令和元年12月調査結果による)

民児協概要

地区数 2 地区
委員定数 51 人(内、主任児童委員 5 人)
事務局 清瀬市健康福祉部地域包括ケア推進課福祉総務係
連絡先 042-497-2056

清瀬市民児協の地区民児協(単位民児協)一覧

都民連だより

最新号

バックナンバー

フェイスブック(東京都社会福祉協議会)

このサイトをSNSでシェアする

ページの先頭へ

ページトップへ
メニュー