• ホーム
  • 新着情報
  • お知らせ
  • 【プチコラム◆コロナ禍の活動①】国分寺市民児協 高齢者宅に熱中症注意喚起の案内をポスティング

【プチコラム◆コロナ禍の活動①】国分寺市民児協 高齢者宅に熱中症注意喚起の案内をポスティング

  • お知らせ
  • 2021年08月10日 掲載

※本コラムでは、コロナ禍で工夫をしながら実施している民生児童委員活動の一部をご紹介します。なお、ここで紹介する活動は、地区によって異なり、また新型コロナの感染状況で方法は常に変更される場合があることをあらかじめご了承ください。

 

国分寺市民児協「高齢者宅に熱中症注意喚起の案内をポスティング」

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、“家の中”で熱中症になる人が増えています。総務省消防庁の発表によると令和2年6月の熱中症による救急搬送人員状況は、前年の1.5倍に増加しており、特に家の中での発生が多くなっているそうです。

国分寺市民児協では、市からの依頼で、75歳以上の高齢者宅に、熱中症への注意喚起のための訪問を行っています。令和2年度に引き続き、令和3年度も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、注意喚起の配布物はポスティング方式にかわったものの、6月中旬から8月にかけて実施し、担当委員の名前を各自で書き入れるチラシとともに、適度なエアコンの使用や水分補給について呼び掛けました。

R3.8.10 国分寺 .jpg

R3.8.10 国分寺チラシ .jpg

▲「はい/いいえ」だと、○を付けやすく、じっくり読み込みたくなるチラシですね!

都民連だより

最新号

バックナンバー

フェイスブック(東京都社会福祉協議会)

このサイトをSNSでシェアする

ページの先頭へ

ページトップへ
メニュー